女性作業員

ハクビシンもシロアリ駆除も早めの行動が重要となる

環境作りと対策

笑顔の男の人

基本情報と簡単な対策

ハクビシンとは「白鼻芯」という感じの通り顔の真ん中に白い毛が生えていることからそう呼ばれています。果物をよく食べますが、雑食性で野菜や昆虫、鳥類なども食べます。ハクビシンによる被害が年々増加傾向にあるため、ハクビシン駆除を業者に依頼する家庭が増え始めています。では、どういった被害があるのかというとイタチと同様の被害が多く、屋根裏に侵入しそこに巣を作ります。その巣に持ち帰った際の餌や糞などによる悪臭、ハクビシン自体についているノミやダニによる害虫による被害が挙げられます。ただし対策をとれば、ハクビシン駆除を成功させ侵入させない環境作りも可能となっており、ホームセンターなどでも対策用商品が販売されてします。

被害を最小限に抑えるには

ハクビシン駆除には様々な対策法があります。まずはハクビシンの餌となるものを家の周りに置かないことが大切です。餌があることでハクビシンが寄ってきてしまうのを防止するのができます。そして1番被害の多い屋根裏への侵入ですが、通れる隙間を全て無くすこといいでしょう。しかし、木製の板のような壊れやすいものだと、侵入される恐れがあるので金属製の物を選びましょう。また隙間を塞ぐのであれば必ず追い出してからでないと別の場所に穴を開けられることもあるので注意しましょう。追い出すには小動物用の忌避剤を使用することで可能です。ただし、何度やってもうまくいかない場合は業者に相談することをオススメします。ハクビシン駆除業者に依頼をすることをオススメします。捕獲から対策まできっちりやってもらうことができます。